11月14日は世界糖尿病デー


今日は、インスリンを発見したカナダのフレデリック・グラント・バンティング医師の誕生日です(1891年11月14日生まれ)。


2006年に、糖尿病の世界的脅威啓発ための日として、この日を世界糖尿病デーとして国連で認定され、この日は世界各地でブルーライトアップが実施されます。

(大阪城はブルー化されていませんでした。がっかり)

今や注射剤として製剤化されているインスリン。このインスリンが発見されたのは1921年のことで、カナダ人のバンティング医師とチャールズ・ハーバート・ベスト医師(当時は医学生)によって発見されました。当時は、膵臓から出てくる「何か」が、血糖値を下げているくらいしかわかっていませんでした。犬の膵臓を用いた研究で、血糖を下げる物質の抽出に成功。抽出物を、別の、糖尿病になっている犬に注射する事で、その抽出物が血糖を下げる物質である事を証明しました。インスリンと名づけられたのは、その後となります。

この抽出物をヒトに初めて用いられたのは1922年で、14歳の1型糖尿病の少年に注射で投与されました。インスリン療法のおかげで、彼の血糖値は改善しました。


今となっては、インスリンが膵臓のβ(ベータ)細胞で合成・分泌される事は常識となっています。さらに、遺伝子は11番目の染色体に存在する事までもわかっています。約100年前までは、インスリンさえ発見されておらず、膵臓のβ細胞が自己免疫異常の仕組みで破壊されてしまって発症する1型糖尿病は不治の病でした。


糖尿病には、生活習慣の乱れ+遺伝的背景からβ細胞の数が減ってしまう2型糖尿病と、生活習慣の乱れに関係なく発症してしまう1型糖尿病、その他の原因で発病する糖尿病がありますが、特に問題視されているのが2型糖尿病です。やっぱり基本は食事・運動療法。糖尿病患者さんの主治医は、患者さんご自身なんです。