もしも2型糖尿病のあなたが新型コロナウイルスに感染症にかかったら


もしも糖尿病で新型コロナウイルスにかかったら、熱が出たり、味覚が落ちたり、息が苦しくなったり、下痢になったりと、色々な症状を認める事となります。大抵の場合、食欲はなくなります。血糖値も元気な時に比べ、乱れます。このように、感染症などが原因で起こった上記のような状態を、「シックデイ」と呼びます。

このような時、2型糖尿病の方がどのように対応すれば良いかについて、記します。

症状はケースバイケースですので、夜間や休日時間帯は一旦以下のように対応してください。


ポイントは、

・食事できるか?水飲めるか?

・食事の直前に短時間作用型(超速効型)インスリンを注射しているか?

・長時間作用型(持効型)インスリンを注射しているか?


○食欲はそれなりにあり(いつもの半分以上は食べる事ができる。水も飲める)

→いつも通り薬内服、インスリン注射。

→平日になっても体調不良続くなら、当院に電話相談を。


◉食欲なし(いつもの半分も食べられない。水もあまりさほど飲めない)

お薬手帳を確認してください。

ポイント1:メトホルミン(メトグルコ)→服薬中止

ポイント2:メトホルミンと他の薬の合剤(当院の患者さまでしたら、エクメットやメトアナ)を服用している→服用中止。

ポイント3:SGLT2阻害薬(当院では必ず「尿に糖を排出する薬」と説明しています)を服用している→服薬中止。

ポイント4:持効型のインスリンを注射している(ランタス、トレシーバ、グラルギン、レベミル)

→注射してください

ポイント5:超速効型あるいは速効型インスリン(ノボラピッド、ヒューマログ、アピドラ、ヒューマリンR)を注射している

食事の後に注射する事!!

そして以下のルールを用いてください。

・いつもの量のご飯や麺を食べる事ができた→食直後にいつもの単位数を注射

・いつもの半分くらい食べる事ができた→食直後にいつもの半分の単位数を注射

・いつもの量の半分も食べられなかった→注射なし


平日の朝になっても体調改善を認めない場合、当院患者さまはまず当院にお電話ください。

閲覧数:138回