パン工場と甲状腺



私が小学生だった頃、学校からすぐ近くのパン工場へ見学に行く授業がありました。

工場見学って、とても楽しいです。人の手や機械で、複数の材料から製品ができ上がっていく工程はとても滑らかで、無駄が省かれています。


小麦などの材料が工場外から工場内へ運ばれてきて、混ぜて、叩いて、焼いて、ベルトコンベアーで運ばれて、最後に完成品のパンが出てきます。焼き上がったパンは一旦倉庫に保管され、出荷待ち状態になります。

スーパーなどのパンが少なくなったら、スーパーなどから製造ライン責任者にその情報が伝わり、製造ライン作動のスイッチを押して、もっとたくさんのパンを作ろうとするでしょう。


甲状腺とそっくりです。


腸で吸収された食べ物の中のヨードは、血流に乗って甲状腺に到達します。ヨードは甲状腺ホルモンの原材料です。

甲状腺では、ヨードを甲状腺外から甲状腺内に運び入れるための扉があります。甲状腺内では、ヨード、アミノ酸、酵素、貯蔵しておくためのタンパク質がそれぞれ役割を果たし、甲状腺ホルモンは作られます。

甲状腺ホルモンは血液検査ではFT4やFT3と表記される事が多いです。甲状腺ホルモンの測定は、パン業界で例えるなら、スーパーやコンビニなどの市場に出荷された後の、パンの流通量の測定に相当します。

血液中の甲状腺ホルモン量が減ると、それを脳の視床下部と下垂体が感知します。

製パン会社で例えるなら、視床下部は社長、下垂体は工場長です。パンの流通量は、社長と工場長に伝わるようになっていて、流通量が少ない場合は、社長は工場長に「もっと作れ!」と指令を、工場長は社長からの指令と市場からの流通が減ったという情報を元に、工場内にいるライン責任者に電話をして「もっと作れ!」刺激を与えます。


社長から工場長への刺激は、人の体では、視床下部(社長)から出される下垂体(工場長)を刺激するホルモン(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン TRH:thyrotropin releasing hormone)がその役割を果たしています。


次に、工場長からの連絡は、パンの製造ラインを刺激しますね。

人の体も同じで、下垂体(工場長)から放出される、甲状腺を刺激するホルモン(甲状腺刺激ホルモン TSH:thyroid stimulating hormone)がその役割を果たしています。


このように、視床下部や下垂体の指令によって、血液中の甲