top of page

患者さんからよくある質問「卵は1日何個までなら食べてよい?」




患者さんからよく頂く質問シリーズです。

「卵は1日何個までなら食べてよい?」

最近、よく質問されます。冬のおでんの影響でしょうか?


<回答>

「卵は1日1個にしましょう」


<説明>

もともと脂質異常症がある方の場合、脂質異常症の悪化を防ぐ必要があります。

悪化を防ぐためには、1日200mgまでにするのが望ましい。

鶏卵1個にコレステロールは約220mg含まれているので、「鶏卵は1日1個までが理想」という事になります。

<特に気を付けたい人>

  • 心筋梗塞、脳梗塞治療後で、再発予防のためにスタチン系コレステロール降下薬で厳しくLDLコレステロールを下げる必要がある人

  • 糖尿病の人

  • 外食したり、惣菜を買う事が多い人(惣菜などの食べ物の中に卵成分が含まれている)

<積極的に食べてほしい人(1日1個は食べてほしい)>

  • 脂質異常症のない、やせ型の高齢者


<タンパク不足にならないのか?>

卵には確かに良質なたんぱく質が含まれています。でも、毎日2個以上の摂取はやや多い。なので、1個です。その他のおすすめしたい良質なたんぱく質食品として、大豆製品(豆腐、厚揚げ、納豆など)、魚があります。これらのような食品でたんぱく質を補うようにしましょう。


お昼は定食屋さんで外食が多い方、夕食は子供さん達中心のおかずメニューの方々は、卵はいろんな食べ物の中に含まれているので、注意が必要です。



最新記事

すべて表示

🚶東成区ウォーキングマップ🚶

東成区役所保健福祉課さんが素晴らしいウォーキングマップを作成されています。 ずっとこのようなマップを作りたいと思っていましたが、既に区役所さんが作ってくれていました! 素晴らしい!

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page