甲状腺ホルモンについて

前回の「甲状腺とは」では、甲状腺が首の前方に存在する事や、甲状腺ホルモンの働きについて記しました。

今回は、甲状腺ホルモンについて、書いていきたいと思います。

先に言っておきます、今回は長いです。そして難しいです。

次回以降でいろいろな例え話を出していきますので、今回分はお許しを。

(1)甲状腺は、甲状腺ホルモンを作って蓄えている小さな小さな袋が集まったもの

(2)甲状腺ホルモンの原材料として大切なヨウ素。

(3)ヨウ素とアミノ酸(チロシン)がくっついて甲状腺ホルモンができる

(4)血液中では、タンパク質にくっついた甲状腺ホルモンと、タンパク質にくっつかないフリーな甲状腺ホルモンが存在する

(5)いろんな臓器に甲状腺ホルモンを安定供給するための仕組み

上記(1)から(5)について記していきます。



(1)甲状腺は、甲状腺ホルモンを作って蓄えている小さな小さな袋が集まったもの

甲状腺ホルモンとは、文字通り甲状腺から分泌されるホルモンです。

甲状腺は、細胞が一列に並んで作られた小さな小さな袋が集まったもの(濾胞と呼びます)で、それらの袋で甲状腺ホルモンは作られ、貯蔵されます。

甲状腺濾胞をテニスボールに例えてみます。テニスボールの黄色のフェルトの部分が、一列に並んだ甲状腺の細胞たち、内部の空洞の部分が濾胞の内部という感じです。


(2)甲状腺ホルモンの原材料として大切なヨウ素。

食物中に含まれているヨウ素の化合物を食べて吸収されると、血液中で無機ヨウ素(化合物ではなく、ヨウ素そのもの)となり、甲状腺に取り込まれます。この無機ヨウ素は小さな袋の表面に存在する細胞を通る時に「酸化」され、甲状腺の内部で貯蔵されます。貯蔵の時も甲状腺ホルモンを作る時も、サイログロブリンというタンパク質が必要となります。濾胞の中は、サイログロブリンで満たされています。サイログロブリンという言葉は、サイロ(甲状腺の)という言葉とグロブリン(タンパク)という言葉が合体した言葉です。甲状腺特有のタンパクと言い換えても良いです。