​橋本病

どんな病気?

橋本病は、甲状腺に炎症や破壊を起こす自己抗体によって、甲状腺がダメージを受け続ける病気です。

症状

甲状腺の腫れ(腫れは無い場合もあり)

甲状腺機能が正常であれば、無症状

​甲状腺機能が減ってしまうと、倦怠感、記憶力低下、体重増加、脱毛、むくみ、便秘、徐脈などの症状が現れます。

治療法

  • 甲状腺機能が正常の場合には経過観察をします

  • ​甲状腺機能が落ちてしまっていて、ホルモン補充が必要な場合には、ホルモン補充療法(内服薬)が開始されます。

​橋本病について、もっと詳しく知りたい方はココをクリック!